またまた1か月が過ぎようとしています。本当にあっという間の日々。被害は相変わらずですが、昨年から続けているミニポスティングとチラシ手渡しはコツコツ続けています。一回に数枚から多いときで100枚位、平均では20から30枚位ですから大した数ではありませんが、出かけるたびに地元だけでなく目的地でもやっています。それはそれは大量に妨害ゾンビがでてきますが、めげずにやっていてそれなりに効果はあると実感しています。近隣や地元駅周辺では防犯の動員が減ったため(なくなっているわけでなく、様子を見ているのだと思いますが)少し楽になりましたが、その分、カルトや底辺やいかにもおかしいのが増えていますので、気持ち悪く油断はできません。それでも今後も地道に続けて行こうと思っています。

ところで昨年12月から歯医者に通っています。歯の根の治療とかぶせなおしをしています。月に2回くらい通っていて、1本目の治療中です。それが終わったら2本目になりますので、まだまだ半年くらいはかかりそうです。歯医者ではやはり怪しいことがぽつぽつ起きています。

まず病院全体の監視体制。要所要所で事務局長のような男がマスクしてずっと立っています(監視をアピール)。また研修医やら患者やらが自然を装って、タイミングを合わせての大声アピールや靴音アピール、コリジョンやら掃除やら、まあ街中と同じことが病院内で展開しています。毎回毎回すごいんです。

そして治療でも気になることが。もうここには十年近く通っています(年1の定期検査くらいです)が、この被害に遭ってから本格的な治療は今回が初めてということで警戒していました。やはりいろいろあります。先生は今まで通りあくまでも感じはいいのですが・・・。

まず一本の歯の治療でレントゲンを3回とっています。そのうち1回は撮影する歯を間違えてもう1回撮る破目に。なので実際は4回撮っています。最初に1回、治療中に1回(実際は2回)、詰め終わったということでまた1回・・・。一本の歯に何回撮るのでしょうか。先日の撮影ではレントゲン技師が撮影機を私の頬にぴたっと押し付けて撮りました。今までそんなことはなかったと思いますが。被ばくさせようとしているのか・・。それでなくても自分は放射線照射被害があるというのに、気になります。まだまだ治療は続きますので、気になることあったら書いていきたいと思っています。

この1本目が終わったら隣の歯の治療が始まり、両方終わったら今度はかぶせが始まります。歯のかぶせで被害が激化した被害者の方は多いようですので要警戒です。といってもなされるがままですが・・・。異変あったらまた報告していきます。もちろん病院名なども。何もないことを祈ってはいます。どうなることでしょうか。


スポンサーサイト

 | ホーム |