放射線測定器

先日、放射線測定器を購入しさっそく自宅で計測したところ、やはり異常数値がでました。だいたい0.05μシーベルトが基準値らしく、そのあたりで推移していましたが、

10月26日 夕方、突然0.05からぐんぐん上がっていき0.30くらいまでになりました。急いで携帯で写メしようとしたところまたどんどん下がって基準値に。その時ちょうど携帯にメールが入り、そのタイミングが合いすぎていたため、何か関連あるのかとも思いましたが、不明です。

10月27日 朝、窓を開けるときに計測してみました。
        リビング窓(隣に月ぎめ駐車場あり。いつもの盗撮男が
        エンジンをかけて止まっていた。)で0.27
        洗面所 0.16
        トイレ  0.13
        他0.05~0.07
        
        午後工務店の人が作業で家にくる。0.30に跳ね上がる。
        作業中は上がったり下がったり基準値だったり。
        そして帰ったとたんに0.60に急上昇

基準値が0.05ですからかなり高いと思います。
その後も時々数値が上がったり戻ったり。ただ身体への異常は感じられないので、攻撃というよりは被ばくさせることと盗聴盗撮などに使っているのではとも思っていますが、まだ不明です。

それにしても普通の値ではありません。こんな状況がもう何年も毎日行われていたとすると、次第に被ばくしていってることになります。私は外出時に異常な大量動員されるのですが、放射線を身にまとった被害者が加担者に検知できるようなシステムになっているということを聞いたことがあります。体全体が光ってみえるとか・・。真相はわかりませんが。それに体がさまざまな攻撃も受けやすくなっているという話も。

防御のしようもない状況で、なすすべないです。ともかく引き続き計測して、その時の周囲の状況(人や車などの通行)と身体状況を見ていきたいと思います。

スポンサーサイト

被害3年

被害が始まってちょうど3年が過ぎました。その1年位前からネットで関連記事を書かれていたりしたのでそれも含めると4年位です。本当に信じられない中年期になりました。それまでも決して順調とは言えない人生でしたが、それなりに山坂をのりこえながら一市民として普通の生活を送ってきました。今から思えば本当に平和なお花畑だったと思います。まさかすぐそこにこんな暗い穴があり、そこに自分が引き込まれてしまうことになろうとは・・。

それもこれもあの「発端人1」に知り合ってしまったからです。人の人生は誰と知り合うかというのが大事ですが、ここまでの悪質な人間には会ったことがありません。いやあったのかもしれないが、こんなことには巻き込まれずにすんできました。「発端人1」は相変わらず自分のテリトリーを広げ、社会的に活躍し、いい感じでカリスマ性を発揮しています。しかしその裏でこんなひどい犯罪に手を染めているなんて、ほとんどの人は思いもしないでしょう。もともとただのいい人間ではなくかなりの曲者で嫌う人もいましたが、本性は人間やめてる、いや人間ではない?犯罪者なのです。

また加担者たちも沢山います。金だけではなく、心底病み切った人間も関与していますし、暇で努力できない者が自己弁護しながら加担していたりします。被害者は全国に少なからずいますがその多くは常識も人間味もある普通の人です。そんな普通の人がマジキチたちに上からも下からも攻撃されているのです。本当にこんなことしていたら被害者亡きあと、つまらない人間ばかり残りますよ。そうしたらこのシステムもなりたたないでしょう。耐えうる被害者がいてこそ成り立っているのですから。

こんな被害者になってしまったからには、やはり少し考えを変えざるを得なくなります。別に何もかも変える必要はありませんが、自分が被害を受けていることを「受け入れる」のではなく「理解」してどうしていくかを考えていかなくてはなりませんので。そこからしか始まりません。逆に言えば、被害を受けつつも絶望せずそれなりに生きていくことができるように思います。もちろんかなりたいへんなことですが。

私はまだハイテクが微弱で、と言ってもハイテクも使われているとは思います。0から10まででいうと、今は1か2くらいかと。それでもじわじわはやられてると思いますし、いきなり8や9レベルになることもあるでしょうから全く油断はできません。今はおそらく大量動員される側も含めてのMKウルトラ実験と、被害者である私のストレス下での心身状態の観察実験がなされてると思います。ハイテクが強くなれば対抗も難しくなるでしょう。今できることはやっておきたいが、普通に暮らすことだけでもこの被害を受けているとどれだけたいへんか。ですのでとても満足できるような前向きな状況とはいえません。地雷だらけの中、慎重にかつ少しでも前向きにやっていきたいとは思っています。



 | ホーム |