先日、よく行くスーパーで割と昔から知っているパートの人にチラシを見せて説明しました。この人には2年位前にも同じことをしました。その時は本当にびっくりしてチラシを受け取り、周辺のパートさんたちにも見せて知らせておく、と言ってくれたのですが、その2,3か月後に様子を聞いたら、チラシは自分の机に入ったままとかで・・と口ごもり、いかにも圧がかかってる感じがしました。その後はそのまま何もせずでしたが、最近そのスーパーへ行くと、以前から見知っていてわりといい感じて対応してくれていたカートを集める担当のおじさんから地味ないやがらせめいたことをされるようになってきていました。さらに前述のパートさんも嫌がらせまではいかないが、監視めいたことをしてくるようになりました。それで再びチラシ作戦を決行してみました。反応は、やはり・・・でした。

会話はいつも通り普通にいい感じで説明もしっかり聞いてくれましたが、返答は「このチラシは受け取れない、自分には何もできない、自分はもう年だし、お役に立てない」というものでした。これがどういうことかすぐに私も理解しました。職場で上から指示されれば、その通りにやらざるを得ないと思います。私は「受け取っていただかなくてもいいです。ご迷惑はかけたくないですので、こういう裏事情があるということを心の隅に置いておいていただくだけでいいです」と言いました。その方は何かとても苦しそうでした。それはそうでしょう。周りは数十人以上のカルトや加担者、店員さんも相互監視状態です。保身が第一になるのも仕方ないです。

その日の夕方、なぜか交番のお巡りさんが私の家に巡回に来ました。昼間のことがあったから監視してるぞの警告なんでしょうが、私はチラシを見せながら普通に困りごととして明るめにお知らせしておきました。お巡りさんは「こんなのあるんですか、知らなかった」とのたまってました。これも別に驚きませんし、ショックもないです。

私は常に数百数千数万の動員があり、自宅でも監視、マスコミはほのめかしやパクリや誹謗中傷でっちあげ、と散々やられていますが、意外と冷静です。それは狙われている目的がはっきりしているからです。そこから視点をずらし犯行しやすい素地をつくるための壮大なシアターだと思っています。ただ知り合いが圧力やマインドコントロールで態度が変わってしまうことはやはり悲しいですね。でも自分が逆の立場だったら、同様の対応するかもしれないです。これがこの犯罪の周知の難しいところなのですね。本当に難しいです。それでもその方たちに生活があるように自分も命と生活がかかっていますので、あきらめるわけにはいかないです。いろいろやっていくしかないですね。



スポンサーサイト
あまりの動員の多さにどう書いたらいいか、伝わりきらない、書いたところでどうなるものでもない、という気がして書かなくなっていますが、とにかくすごいです。距離が短かろうと長かろうと、一定の割合でコンスタントに延々と湧き出てきます。当然、距離や時間が長くなればそれに比例して動員数は無限大に増えていきます。動員の距離は2メートルくらいごとで私が一人になれる時間空間は最大でも2分くらいでしょうか。動員数は本当に近所外出で数百、それ以上ではすぐ数千、数万規模で動員されています。それも毎回です。

また車系ももともと多いのですが、最近は大型車の幅寄せやコリジョン、各種車両のハイビームなども頻繁になっています。うちの近くの道路は道幅がせまく一通なのですが、私が自転車で通るときは必ず路線バスが100パーセントで通って幅寄せしてきます。逃げ場がないように少しでっぱった箇所(植木鉢とかごみ柵とかで)に私が差し掛かった時にバスや大型車が通るようになっています。こちらもわかっているので自転車のときはスピードを自在に変えてスルーしてはいますが。

これだけの動員を3年もやむことなく続けますます増え続けてるということからも、破格の桁外れの「金」がでていると考えられます。ハイテクがまだ少ないのはローテクで追い掛け回すことでの経済効果の方が上回っているからでしょう。国の政策がらみかと。また人体実験のデータもまだまだ取得中なのだと思います。用済みになればハイテクで○○せばいいのですから急ぐことはありません。

一体自分で何をしていったらいいのか。今できることはやってきているしこれからもやっていきます。具体的には記録や周辺への周知、自分自身の健康管理や生活管理などです。被害者である自分の周りは、「金」や「圧力」で変わってしまった人もいますので、すごく難しいと思っています。下手に動けば動くほど向こうは待ってましたになるし、一方、やられっぱなしでは生きていくのがやっとになってしまいます。どうしていったらいいか、試行錯誤の日々です。

相変わらず全方向からやられています。マスコミも何かすごいですよ。仄めかしはもちろんですが、題材に取り上げてます。地味で平凡、でも今までにないタイプとして参考にしてるようです。でもこれも全く向こうの思い込みなんですね。よく使われるのが「素のままがいい」「自分にも人にも無理をしない」「機嫌がいい」「自然体」などのテーマです。また「愛」(異性愛だけでなく、自然に対してとか、家族や友人に対してとか、自己愛でない自分を尊重する愛とか)にも使われていますね。

確かにそういう面はありますがそうでない面もあります。だいたい集ストにあって観察されてるのがわかっていて行動制限されている中でのことですから、普通のサンプルなんかとれるはずないのです。そんな中でできるだけ普通の生活を送るようにしているところをとりあげて上記のようにネタにしているようです。おかしいことしますね。マッチポンプもいいとこです。

そしてこういうコラムを書いているのがだいたい30代から40代はじめくらい。頭はいいが性格がちょっと・・、という方が多いようです。ちなみに私はこの手の題材にされるような年代ではありません。それでも若い人にも活用できるネタとして勝手に参考にしてしまっているようです。ずうずうしいですね。

ところでこの手のコラム系、真剣に読む人いるんでしょうか。一般の人はもっとちゃんと自分のことをわかっていますし、言われなくてもとっくにいろいろわかってるものです。こんなことを書いてる人ほど何もわかってないんですね。だから誰かを観察したり盗聴盗撮したりしてネタを得て、良ければ参考に、悪ければ徹底的にたたいて金にしたりストレス発散してるだけの結局自己満なのです。観察力もないし一般的な感性もなく、上から目線で書いてますけど、逆に多くの人の下をいってます。一般の人はもっと賢いものです。やはり頭かメンタルかちょっと・・・の人だけが対象になるでしょうね。

それにしても被害者は本当に気持ち悪いことにさんざん利用されてますね。しかも感謝もされません。こんなやからは無視して軽蔑するしかないでしょう。もちろん犯罪ですから、とれる記録はとっていきます。

 | ホーム |