実害記録

この被害にあって、有形無形にいろいろ失いました。それらを記載してみたいと思います。

〇失ったもの
 プライバシー全て
 あらゆる人間関係
 お金(被害にかかわるあらゆる出費)
 名誉
 将来
 普通の生活
 可能性
 自由
 人としての尊厳

〇盗まれたもの
 ・銀行印、実印・・・無くなって2日後に違う場所から出てきた。何に使われたかいまだ不明。
 ・カーデガン ・・・ いくら探してもでてこない。
 ・ペンダント・・・ 祖母の形見。無くなってしばらくして出てきたが、留め金がなくなっていた。
 ・電卓、ボールペン ・・・ いくら探してもでてこない。
 他にも、ちょっとした小物がなくなっている。数日内に、同じ場所や違う場所から出てくることも多い。勘違いかと思ったりもするが、やはり一度盗まれて戻されている。

〇壊れたもの
 掃除機、電子レンジ、ドライヤー、洗濯機、パソコン・・・これらは寿命もあるが、加害にも関係あると思われる。

〇そろそろ危ないもの
 風呂釜、コンロ、ファンヒーター・・・ これらも寿命がそろそろだが加害が関与するかもしれない。

〇これから盗まれる可能性のあるもの
 健康、命、財産、家、戸籍、臓器 他

こんなこと書きたくないが・・・。




 
スポンサーサイト

加害の状況

相変わらずの大量型です。自宅、外出先、ネット、メディアとこんなに全方向大量なのは珍しいと思います。でも理由がはっきりしているのでありえると思っています。一つは団体関係でののっとり問題。すでに何人も病気、自死、破産、うつなどの不幸が起きています。もう一つは、私個人の環境によるものです。家や家族や属性、周辺地域、など、これ以上ないくらいの格好のターゲットになったようで、あらゆるインフラに載ってしまったようです。

全方向からやられているのですが、これにも工作が満載です。
A.実際のつきまといなどは、カルト宗教、プロ市民、障害系、軽犯罪犯、暴系、ゲームで集まる市民など。
B.一方、まともな(?)住民や商店やらの人には、風評を入れて監視を依頼するようです。この人たちは工作などは知らず、善意で一生けん命監視して連絡し合っています。防犯パトロールなどもそうです。地域全体はもちろん、どこへ行ってもこの体制になってしまっています。
したがってAB両側からはさまれる形で、監視にあっているわけです。

次にネット系ですが、作家系や作家もどき、ブロガーや何か半専門家なども多いですね。どうやっているのかこちらの様子を知っていて(盗聴盗撮で?)それを共有して、上げたり下げたりして騒いでいます。作家系はネタにして記事を書くことが多いので、わかりやすいです。どれもこれも結局、人様からネタなり何なりをただでいただいているのに、文句や悪口を言っているのですからどうしようもないです。自分に文句を言っているようなものですね。やっていることは悪質な人権蹂躙で泥棒です。

そしてマスコミ系ですが、テレビやラジオはリアルにつながっているのを感じます。気持ち悪いですよ。できるだけ距離をとっていますが。他にもドラマ、歌、雑誌、ゲーム系、その他で材料に使われている。でもこれはたくさんの人がモデルにされていると思いますね。

最後は思考盗聴です。これについては自分ではわかりませんが、口のなかで呟いただけでも周りに伝わっているのがわかることがしょっちゅうあります。呟いて聞かれるのは盗聴かもしれませんので、頭の中を覗かれているのかいないのかわかりません。でもこれだけのことをされているのだから、当然思考も読まれ、脳の中も脳地図で読まれているのでしょう。

あらゆるインフラにのっていますから、逆に利益がでているうちはすぐに命は・・・ということはないのかもしれません。こっちはもう実験は終わったが、あっちはまだまだデータが欲しいとか、まだまだ儲けがでそうだとか。全加害が「もうこいつはいい」と判断すると・・・ということらしいですが・・。自分でも書いていてこんなこと信じられませんが。

こんな状況で絶望せず生きていくにはどうしたらいいでしょう。
ある程度は開き直っています。正確にいうと本当には開き直ってはいないが、それなりに開き直っているという感じでしょうか。麻痺させている部分もあります。でも正気を失うわけにもいかない。その辺のあんばいをその時々でというか。ハイテクがひどくなればまた違ってくるでしょう。とりあえず毎日毎日をできることをやって生きていっているというところです。
備忘録にもなるし、周知にもなるので、原因となった加害者、加担者、ネットストーカーの様子を随時更新していくことにします。

発端人1 ブログ記事「発端」「疑い」で書いた人物。ある組織(まじめな団体です)をのっとり計画中。組織のメンバーに次々不幸が起きている。ここ1,2年が勝負と見えて、拍車がかかっている。表面は非常に頭のいい好人物で、実際それだけいいこともしている。しかし自分のやりたいことの邪魔になる人たちには容赦なく、とても一般人のすることとは思えないようなことを裏でしている。私への集ストはその最たるもの。何重にも布石を打っており、絶対に抜かりはない様子。

発端人2 1が尊敬する専門家でありブレーン。こちらも非常に頭はいいが、心は・・。専門家目線でブログを書いたりしているが、上から目線で犯罪に関しては全くどこ吹く風。ポーカーフェイスを貫いている。

加担者1 組織のメンバーで重度のニート。そこにつけこまれ加担の道へ入ってしまったよう。ブログでやりすぎて全方向から信頼を失っている。それでも守られていると安心して加担続行中。これではもう先は・・。

ネット系1 ネットストーカーというかいわゆるブロガーや作家(?)やもどきはたくさん加担しているが、その一人。ばれてきているのでしばらく静かにしていたが、最近復活ぎみ。

他にもたくさんいるが、随時気が付いたことは記録公開していきたい。

 | ホーム |