先日、知り合いの被害者さんが亡くなられました。
薬の副作用のアカシギアが原因の自死です。
5年前に被害者の会へ行って最初に知り合った方です。
その後は電話で時々話し、何回か会ったりしました。

もともとその方は実家の資産狙いで一家全体が集スト、テクノロジー被害に遭っていて、でもはっきりと気づいているのは彼女だけというよくある状況でした。この5年で5回くらい強制入院させられています。入退院するたびに、少しずつ元気がなくなっていました。

2年位前から頻繁に電話をもらうようなり、その内容は、つらすぎるから自死したい、という鬱的なものでした。そしてここ1年くらいはアカシギアがひどく、夕方にはいてもたってもいられなくなり、町を一周してきたり、家のなかをうろうろして何とかしのいでいるようでした。最近はとくにひどくなり、緊迫の状況が続いていました。

近ければ時々でも会えたのですが、同じ県内でもとにかく遠く、私は激しい大量動員のため遠出が難しいし、電話で話すのがやっとでした。そして、ここ1,2週間連絡がなくなり、だいたい3日に1回は連絡あったのでこれはまた入院してしまったか、と思って電話をしたがなかなか繋がらず、昨日やっとご家族に繋がったのですが、そこで8月24日に亡くなられたということを聞きました。

本当に残念でなりません。そしてとても悲しいです。
ほんの2,3年のおつきあいでしたが、被害者同士の率直なやりとりのできたことに感謝しています。

心からご冥福をお祈りしています。


被害について、少しずつ周知が進んでいます。今も被害者の方々が全国で周知を地道にしていっています。私も外出時の手渡しチラシやミニポス、知り合いへの地道な周知を続けています。自分も含め、もう誰一人、被害で命を落とすことのないような世の中になるよう、自分にできることやっていくのみです。



スポンサーサイト
8月も中旬すぎました。ブログ更新一か月たったので安否知らせる意味でも書いていきたいと思います。

今年の夏は異常気象(人工気象でしょうが・・・)で、夏本番の時期にまるで秋の長雨のような日々。涼しいのは助かりますが、やはり暑いときに暑くないのは作物に影響がでるでしょうね。また夏のレジャーもこれでは盛り上がらないでしょうから経済損失も。地域によっては激しい台風や地震などに連続して見舞われていたり、もういい加減にしてほしいです。

私も今年の夏は体調不良です。風邪(といっても咳程度ですが)が10日くらい治らず、やっと治ってきたら風邪薬の副作用か、おなかを壊してつらいこと・・。まあ例年の夏は暑さで皮膚があれたり虫刺されやら、目を痛めたり、と暑すぎる時も何かしらありましたが、冷えれば冷えるでやられます。

本題の被害の方ですが、相変わらずの大量とmediaの加害が目立っています。放射線の方は少し落ち着いていて(というか、あまり熱心に測っていないから気付いていないのかもしれませんが)、ローテクが激しさを増しています。4月に足を骨折して6月には治ってきたので、外出時は地道にチラシ手渡し周知をこつこつやっています。ここまでは割とうまくいくのですが、自分の場合は店舗でのチラシ掲示依頼は今のところ成功していません。他の方々は全国で着々と掲示してもらっていて、正直、自分のところはうまくいかないのでがっかりしています。でも自分の大規模被害ぶりと5年半超えの被害歴を考えれば、もうこのあたり(町も市も県も)は集ストが成立していてそれで地域経済が回っているから、やはり覆すのは簡単ではないようです。

チラシを配布してから出てこなくなった人も多い反面、大きなスーパーやショッピングモール、病院や駅など職員が多いところではまるでバリケードのように職員が7,8人で立っていたり、総出でいやがらせしてきたり、かえって悪化しているところもあります。一般の住民を使いにくくなってきたから、防犯案件で職員の対応を強化しているのかもしれません。それだけ抑え込みたいようです。

なかなか難しい状況で、前より辛い面もあります。でもここを乗り越えないとですね・・。やり方を工夫してやっていくしかないようです。状況をよく考察して試行錯誤しながらやっていきたいですね。どこまでやれるかわかりませんが・・。いろいろ思うところもありますが、時にめげても、あきらめずにとにかく長期戦を覚悟してやって行こうと思っています。


7月も中旬を過ぎました。本当に早い毎日。そしてとても暑いですね。梅雨はどこへいったのか、蓋をしたような暑い毎日です。空がいつもケムっています。もちろん何等かがまかれているのでしょうが。家の上空もよくヘリが飛んでいます。被害に遭ってから、いろいろなことを考えさせられる日々。この夏もそうです。今年で5回目の夏になりました。

相変わらず外出時は超大量動員、近隣店舗は各種監視行動、ポリ消防救急他業務車多数、音から光から何から何まで。それでも被害者界隈でのポスティング活動やブログでの発信が進んできて、周知が少しずつ広がっていると感じます。私自身も外出時にミニポスしたり、手渡し説明したりして、少しですが加担者が減る時もあります。でもなくなっているのでなく、ひっそりと様子を見られているようで、忘れたころにまた出てきたりする人間も多いです。(もちろん後から火消にチラシを投下しますが。)それでもやる奴はやりますね。やめないようです。こういうのはカルトつながりや、仕事、家族などのしがらみがあると思われます。悪いこととわかっていてやっているのです。どうしようもないですね。ごくごく普通の善良そうな人たちですが・・。

media被害も続いています。こちらもちょっとしたことに食いついてこの時とばかりに記事が上がるときと、下火の時があるようです。記事の傾向と時期がだいたい一定なのもみても、media集ストもかなりの大きなネットワークになっているのを感じています。

ところで、ツイッターではいわゆる政治批判や権力批判する発言が多い人たちのアカが相次いで制限かかったりフォローが勝手に外されたりしているようです。私のフォローフォロワーさんでもいつのまにかそうなっている人が何人かいました。これはどういうことか、どこがやっているか、まあわかりますね・・。内容うんぬんより、こうした弾圧や封鎖のようなことにはやはり脅威を感じます。

季節が来れば思い出す色々・・、苦労あってもそれなりに無邪気に過ごしていたあの日々はもう帰ってきません。そしてあらゆる可能性が潰されました。本当に言葉にならない思いがあります。でもここからやっていくしかないのですね。今日も明日も一つ覚えのようにこつこつやっていくのみです。




6月も後半になりました。あっという間の1か月です。
足の方はだいぶ回復して、日常生活に支障はなくなりました。外出時はまだ少しひきづっていますが、次第に治っていくと思います。

けがをしてからミニポスティングは休止しています。それでも常にチラシは携行し、場所によって店員に渡したり、路駐車に渡したりしています。近隣はあからさまには出てこなくなりましたが、タイミングをずらして出てきたり、窓から見たりすることがあるので、その場合にはその日にチラシ投函してすぐ火消するようにしています。それなりに効果はじわじわ出てきています。ただ店舗・企業・組織はなかなか難しい。規模が大きく人もいくらでも出てこれるので、入れ替わり立ち代り監視やノイズ、コリジョンなどをしかけてきます。基本、こちらはオールスルーです。できる時は(無理はせずに)チラシ投下してます。それを地道にやっていっています。

mediaの方も相変わらず盛り上がっていて、会話まるパクリ、ネタパクリ、題材にする、ブームを作ろうとする、上げたり下げたりする、とにかく見てるぞアピールする、などきりがありません。それでもチェックはしてその後は放置しています。まあ基本はオールスルーです。関係ない(とされている)わけですので・・。

思考盗聴についてですが、やはりまだ半信半疑のところがありました。でもツイッターやブログでいろいろな情報を得るうちに、確実に存在して、自分も多分、知らされることなくやられている口だな、と思うにいたりました。知らされていないのはネタや思考パクリなどのために、フリーで思考行動してほしいからなのかもしれません。でもされているだろう、少なくとも盗聴盗撮は確実だろうと思うから、フリーの言動などできているわけないですよね。全く・・。

最近気になっているのは共謀罪についてですが、加害団体摘発につかわれれば幸いですが、被害者はすでに近隣やら周囲は加害者に囲まれていますから、逆にでっちあげ、捏造で、より監視が正当化される可能性もあるし、どちらともいえないですね。自分としては不安はぬぐえないですが、いい方に行く可能性の方にも少しは期待したいです。いずれにしても言動はより慎重に(びくびくする必要はないが)を心がけないととは思いますね。向こうは手ぐすね引いてまっていますから・・。

決して甘くない毎日。心からやすらぐことはありませんが、せめて日々、少しでも前を向いてすごす時間をもつようにしてのりきっています。あきらめず、油断はせず、こつこつとできることをやっていきたいと思っています。



また一か月たってしまいました。
ブログ更新できていませんが、無事です。
相変わらずの大量動員と店舗監視、media被害は悪化していますが・・。
骨折の方はだいぶよくなってきて、今リハビリ中です。
まだ外ではサポーターはとれませんが、じきに取れてくると思います。

また時間みつけてブログ書きたいと思います。
とりあえずの無事の近況報告をさせていただきました。


 | ホーム |  前のページ»»